test
メルマガ購読・解除
 

2015年10月27日

久しぶりに見た映画「チャンス」

ある家につかえていた庭師が主人の死によりお屋敷を追い出され

街を彷徨っていると
路上で接触事故にあい大富豪の家に行く事になる

主人公チャンスを演じるのはピンクパンサーのクルーゾー警部で有名な
ピーターセラーズ

一度のこの映画見た記憶があったんだけど
ピンクパンサーの人が演じてたというのは覚えていなかった

実は主人公のチャンスは
知的障害があり読み書きもできないただ庭の手入れができるだけの人

しかし
なぜか周りの人たちが言う事をいい方に勘違いしていって

最終的には次期大統領にという話にまで発展する

当時は分からなかった
大富豪の葬式で最後に墓石が映ったんだけど

ピラミッド型でホルスの目がついてた
要するに最後にチャンスについて話していたのはフリーメーソンのメンバーで

大富豪もそのメンバーだったんだ
いま見ると分かることって結構ありますね

そして
この映画には公開時差し替えられたエンディングももう1つあるんだそうです

もう1つのエンディングも収録されています
チャンス 30周年記念版 [Blu-ray]
アマゾンで見る
楽天で検索
チャンス 30周年記念版 [Blu-ray]


 
タグ:being there チャンス ピーターセラーズ
posted by バスケットマン at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック