test
メルマガ購読・解除
 

2010年03月12日

ブラタモリ 六本木


より大きな地図で ブラタモリ 六本木 を表示

元々大名屋敷が多かったという六本木
ミッドタウンも昔は大名屋敷だった

続いて美術館に向かうタモリさん

人気ブログランキングへFC2ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

大きな地図で見る 国立新美術館
ココでは初めての鉄筋コンクリート建ての陸軍兵舎跡の一部が今でも
美術館別館として使われている(別館は左の木の陰の小さいビル)

美術館を出てすぐのところには

大きな地図で見る 明治(左)と江戸(右)の道
明治の道と江戸の道が並行しえて走っている
明治の道は陸軍の車両などが通るために造られた

そして
戦後陸軍の街からアメリカ軍の街へと移り変わっていった六本木
日本で最初のハンバーガーショップと言われるハンバーガーインがあった

大きな地図で見る ハンバーガーイン跡地

次に訪れたのは

大きな地図で見る 鼠坂(別名:いたち坂)
細長い道をこう言ったんだそうです

六本木周辺の地形は複雑でアップダウンによって街の表情ががらりと変わるんです
地形による街づくりの縮図となる場所では
高台には大名屋敷
くぼ地には小さい敷地の武家屋敷が立ち並んでいたそうです

高層ビルが建っている場所はだいたい
大名屋敷だった場所だという

谷を降りていくと江戸時代の痕跡

大きな地図で見る クラン状にまがった道があった

少し進むと古いガラスを使った
趣のある古民家を見つける今は誰も住んでいない様子
是非中を見てみたいと隣のビルで聞いてみると

実はこの古民家
吉田苞竹という大正から昭和にかけて活躍した書道家の住宅でした
現在は吉田苞竹の遺品を管理する財団法人の持物です

民家の裏手には土倉まで残っていました
土倉の2階の柱には明治22年と書いてありこの土倉が明治22年には建っていた事が分かる

再開発が進むこの地域
まだこの建物をどうするかは決まっていないという


六本木ヒルズは昔くぼ地の街だった
埋め立てて今はなだらかな地形になり六本木ヒルズや高層ビルが立ち並んでいる


大きな地図で見る 埋め立てられた痕跡の階段

埋め立てられる前の街並みを見る事ができる
六本木六丁目残影 伊藤照彦写真集―あの家並みあの坂道1992‐2000 (Bee books)

 
タグ:ブラタモリ 六本木
posted by バスケットマン at 00:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラタモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック